鼻づまりを解消して清々しい気持ち|快適な呼吸

先生

耳鳴りがしたら

先生

仕事が忙しいとストレスが高まり、耳鳴りがすることがあります。そんなときには速やかに耳鼻咽喉科を受診しましょう。新宿には多くの耳鼻咽喉科がありますので、あなたが通いやすい耳鼻咽喉科を選ぶことをおすすめします。

More Detail

病院選びのポイント

医者

新宿で会社帰りに耳鼻科に通う場合、2つの点を確認しましょう。1つには、持病の治療実績の有無です。ホームページで情報公開している耳鼻科もありますから、チェックしてみましょう。また、通いやすさも重要です。駅から近いこと、診療日や診療時間も確認しましょう。18時以降は混み合うため、予約が求められます。

More Detail

特徴的な弊害と解消法

かぜ

鼻づまりは、頭がボーッとして集中力がなくなる、口呼吸をしてのどが渇いたり、ウイススが直接入り込むため感染しやすくなるといった弊害を引き起こすので、できるだけ早めに解消しましょう。ミント系のガムを噛んだり、ペットボトルを脇に挟むといった解消法は比較的実践しやすいでしょう。

More Detail

さまざまな原因

風邪

逆流性食道炎の可能性も

鼻づまりは、さまざまな病気などが原因で起こります。風邪だけでなく花粉症やアレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎などです。副鼻腔炎は、いわゆる蓄膿症のことです。また、最近では逆流性食道炎が原因で、鼻の諸症状を引き起こすことがわかっています。逆流性食道炎はその名の通り、食べたものや胃酸などが食道を逆流することにより、炎症を引き起こす症状のことをいいます。食べたものや胃酸が逆流することで、鼻の粘膜まで到達し、鼻の諸症状を引き起こしてしまうと考えられているのです。ですから、最近では耳鼻咽喉科などでも逆流性食道炎の治療薬を処方してくれることがあります。また、逆流性食道炎の薬を飲んだら鼻づまりなどが改善したという例もあるのです。さまざまな原因を考えてくれる病院を探しましょう。

いろんな治療方法

鼻づまりの治療は、病気の内容により異なります。大抵の場合、吸入やスプレー、服薬などで行われます。吸入は、お薬が入った蒸気を鼻から吸い込む方法です。これをすると、鼻がすっきりするという方もいます。スプレーは、お薬を先生が鼻の奥に吹きかけてくれます。これも有効な手段だといえます。処方は服薬だけでなく点鼻薬、鼻洗浄などさまざまなものがあります。一般的には、抗生物質や鼻水を出しやすくする薬、炎症を和らげる薬などがあります。これらを飲むだけで改善する方が多いです。しかし、治らない場合はさまざまな原因を考慮した治療が行われるでしょう。鼻づまりの改善には、いろんな方法がありますから、諦めないことが大事です。